中古住宅選びのポイント

新築住宅は憧れには違いありませんが、
最近は、マイホーム願望というものが、以前より薄れており、
マンション、もしくは、中古住宅で済ますのが、
「賢い選択だ!」と考えている方も少なくありません。

新築住宅、中古住宅、マンションのどれが良いかには答えがありません。
すべては、その方の老後のプランや資産形成に対する考え方の違いです。

今回は中古住宅の購入方法について考えてみます。
まずメリットとしてあげられるのが、新築住宅よりも、
安く、割安に購入できるという点でしょう。

良い中古住宅で値段もお得という物件は、間違いなくありますが、
安すぎると、いろいろなデメリットも浮かびあがってくるのが、住宅購入で頭を悩ますポイントです。

一番、不幸になってしまうのが、購入後に気がつく不具合や、
トラブルに巻き込まれる点です。
中古住宅に関しては、購入前の念入りの調査、チェックが欠かせません。

中古住宅を選ぶ際のポイントとしては、
まず、内装、外装に問題ないか?という表面的な部分です。

ここが気に入らない場合は、そもそも購入に発展する可能性も少ないでしょう。

立地環境が良いけど、家の内装、外装がボロイなどの問題がある場合は、
改修工事をすれば、丸く収まる場合もあります。
その時は改修工事の費用をきちんと把握しておきましょう。

一番のトラブル原因が、権利関係です。

権利関係を調べるには、登記簿謄(抄本)を見ることです。
抵当権が設定されていないかどうか?などは必ず確認しましょう。

仮差押えされている中古住宅を購入してしまった。
などの話は、あまり聞きたくないものです。

万が一、占有屋がいた場合には、自分で解決しようとせず、
専門家の助けを求めるのが、一番金銭的なコストがかからずに、
解決できる方法でもあります。

スポンサード リンク

 

 

【住宅】の記事一覧

住宅ローンとは?

住宅ローンの返済方法

欠陥住宅とは?

欠陥住宅を購入しないために!

住宅リフォームとは?

悪質な住宅リフォームとは?

住宅選びのポイント

中古住宅選びのポイント

住宅ローン控除とは?

輸入住宅とは?

キッチンリフォームを楽しもう!

住宅

住宅とは?をテーマとして、住宅ローン、リフォーム、欠陥住宅を購入しないためのアドバイスなどを解説しています。

トップ >  住宅 >