悪質な住宅リフォームとは?

リフォームを行う際に気をつけてほしいのが、
悪徳住宅リフォーム業者ですね。

悪質な住宅リフォーム業者が、よく行う手法といえば、
シニア世代をターゲットにするということです。

認知症の老人方が悪徳リフォーム業者に騙されている様子を見ると、
心が痛んで仕方がありません。

ひとつの悪徳住宅リフォームの例をあげると、
ある老人の家の床下には、まったく必要のない耐震補強工事が行われていました。

それも1社だけではなく、数社が工事を行った形跡がありました。
つまり、悪徳リフォーム業者の1社が、カモを捕まえると、
そのカモリストが流出し、何件もの悪徳業者からアプローチされてしまうというカラクリです。

悪徳業者が行うリフォーム工事というものは、
プロからしてみたら、ほとんど素人工事のようなものです。

実際、リフォーム額が500万円に満たないものは、
建設業の許可を得ずとも行うことができるので、
それも悪徳リフォーム業が横行する理由かもしれません。

なぜ、そこまで取り締まらないかというと、
もしそこまで取り締まると、少し器用な人が、
知り合いの家を修理するだけで、法律に違反することになってしまいますね。

もし、悪徳リフォーム業者に騙されたり、
騙された方を見かけた時のために「クーリングオフ」を覚えておいてください。

皆さんクーリングオフという言葉を知っていても、
適切なタイミングで、クーリングオフを思い出せないようです。

住宅リフォームをするという契約を行なってから8日以内に対応しないといけません。
工事が開始されても、怪しいと思った時点で、迅速に行動に移しましょう。

スポンサード リンク

 

 

【住宅】の記事一覧

住宅ローンとは?

住宅ローンの返済方法

欠陥住宅とは?

欠陥住宅を購入しないために!

住宅リフォームとは?

悪質な住宅リフォームとは?

住宅選びのポイント

中古住宅選びのポイント

住宅ローン控除とは?

輸入住宅とは?

キッチンリフォームを楽しもう!

住宅

住宅とは?をテーマとして、住宅ローン、リフォーム、欠陥住宅を購入しないためのアドバイスなどを解説しています。

トップ >  住宅 >