欠陥住宅を購入しないために!

マンションの耐震偽装事件は、報道ステーションを始めとして、
さまざまなニュース番組で連日取り上げられたことは、
まだまだ記憶に新しいところだと思います。

住宅に関しても、欠陥住宅が増え続けているそうですが、
なぜ、欠陥住宅が存在してしまうのか?
というのは、やはり最近の不景気の影響があると思います。

建設する側の企業も、好きで人をだましたり、法律に違反したいわけではありません。
どの企業もぎりぎりのところでやっており、
自然と、材料費などをコストカットの名目で、安いものにしてしまっているのです。

しかし、それで大丈夫ならば、最初から行っているはずです。
ぎりぎりかそれで不安があるから、今までその材料を使ってこなかったし、
きちんと工程を踏んできていたのです。
利益を出したいからといって、一度手抜き工事をしてしまうと、
それが、もっと大きな損失につながるということは、
わかっていても、なかなか手が止まらないようです。

私たちは、こんな世の中において欠陥住宅を購入しないために、
自衛手段を取らなければなりません。

そのための一歩進んだ自衛手段として、
建設業者が紹介したり、つながっていると思われる建築士ではなく、
自分で建築士を選ぶということがあります。

住宅建設では、一般的に施工主と監理を行う会社が同じことが多いため、
チェック機能が働いていないことが多いのです。
親会社がコストカットの指令を出したら、
それには逆らないので、手抜き工事が始まり、
結果、危険極まりない欠陥住宅が作り出されていくのです。

ですから、自ら建築士を選び、施工管理をしてもらうことで、
建設会社の手抜きをチェックしてもらうのです。

スポンサード リンク

 

 

【住宅】の記事一覧

住宅ローンとは?

住宅ローンの返済方法

欠陥住宅とは?

欠陥住宅を購入しないために!

住宅リフォームとは?

悪質な住宅リフォームとは?

住宅選びのポイント

中古住宅選びのポイント

住宅ローン控除とは?

輸入住宅とは?

キッチンリフォームを楽しもう!

住宅

住宅とは?をテーマとして、住宅ローン、リフォーム、欠陥住宅を購入しないためのアドバイスなどを解説しています。

トップ >  住宅 >