カラーコーディネートと配色の関係

カラーコーディネートとは、さまざまなコンセプトや用途、場面ごとに、
最適な色の演出を行うことを言います。

カラーコーディネーターが主に活躍する場所は、
ファッション業界やデザイン業界など、昨今の機能+@が求められる時代の中で、
需要が高まってきています。

最近では、自分のラッキーカラーというものを、
きちんと意識している方も多いですよね。
落ち着いた性格になるために、青をラッキーカラーにしている。
など、そのためのパーソナルカラー診断も、かなりの人気だそうです。

それでは、色に関する職業に役立つ資格にはどんなものがあるでしょうか?

  • カラーコーディネーター検定試験(東京商工会議所)
  • 色彩検定(ファッションコーディネート色彩能力検定)A・F・T主催
  • 色彩士検定(ADEC主催)

などが、「色」に関連する資格の最たるもので、受験者も多い資格です。

色には不思議な力があると信じて、色を追求している人々がいます。
カラーコーディネートをするということは、
その人を精神的に安定させたり、ある商品を魅力的にするためのセールス的な役割だったり、
それまになかったようなクールな建設に貢献したりと、
活躍の場は多種多様に広がっています。

しかし、大きな仕事をするためには、
自分の中で色という武器を使って、戦略的にのしあがっていく必要はあります。

社会全体でカラーコーディネートの重要性が認識してきていますので、
今後の色の進化には、さまざまなジャンルから注目が集まっています。

スポンサード リンク

 

 

【インテリア】の記事一覧

風水インテリアとは?

インテリアコーディネーターの資格試験

カラーコーディネートと配色の関係

インテリア

インテリアとは?テーマとして風水やコーディネーターなどの資格に関して解説していきます。

トップ >  インテリア >