香水のつけ方

例え、皆が好きな香りだと思う香水があったとしても、
香水のつけ方次第では、良い香水にも悪い香水にもなってしまう可能性があります。

それだけ、香水の付け方は大事なポイントです。

まず、香水を体につけるときは、肌が汗ばんでいない箇所につけるようにします。
汗をかいて湿った肌の部分につけてしまうと、
汗の匂いと香水の香りが混じってしまい、
せっかくの香水のニオイが損なわれてしまうのと、
最悪の場合、異臭と感じられてしまう場合もあるからです。

かつては、頻繁にお風呂に入れなかったために、
においをごまかすために香水を使用していた風習もありましたが、
現代において、それを理由として、
香水でお風呂に入らないのをごまかしたり、汗の臭いを抑えるのは、
やめておいた方が良いでしょう。

特に、脇の下の汗の臭いが気になるからといって、
脇の下に香水をふりかけてしまうと、汗の臭いとまじりあって、
異臭が発生することがあります。

それでは、1回に使用する香水の量はどのくらいが最適でしょうか?
常識的な範囲で問題ありませんが、
香水の種類によって、香りの強度が異なりますので、
一概には量を決められないと言われています。

ただ、よく言われているのが、

  • パルファンは点で付ける
  • オー・ド・パルファンは線で付ける
  • オー・デ・コロンは面で付ける

ということです。

先ほど、脇の下に香水をふりかけるのはNGであると書きましたが、
どこに香水をつけるのが最適かというと、
体温が高い場所と言われています。
例えば、血管がある首筋などが、人体で体温が高まる場所です。

首すじ以外では、ひじの内側も、香水をつけるのに最適といわれています。

かといって、やや匂いが強い香水をつける場合、
首筋やひじの内側などの上半身につけると、
自分でも香水の香りが気になることがあります。

そのような香水に対しては、足首やひざなどの下半身につけると、
ふんわりと香りを残す絶妙な匂いとなります。

スポンサード リンク

 

 

【香水】の記事一覧

香水のつけ方

ワンランク上の香水のつけ方

今、人気のある香水は?

伝説の香水

フェロモン香水とは?

フェロモン香水の効果って本当?

香水

香水とは?や基本的な香水のつけ方から、人気のフェロモン香水などを紹介します。

トップ >  香水 >