カバンの修理

私たちが毎日、使っているカバンですが、
最近は、カバンが壊れた時に修理に出す人が増えてきていると言われています。

カバンは、頻繁に使うものだと、飽きがくるのも早く、
どちらかというと、使い捨ての感覚が強く、
もし、壊れてしまったとしたら、そのまま捨ててしまう人が多いのが普通でした。

もしくは、購入したはいいが、
使い勝手が悪かったり、デザインが気に入らなかった場合は、
そのまま捨てられるか、誰かにあげられるということもよくあります。

そのために、カバンが使い込まれるということが少なくなり、
カバンを修理する職人さんが廃業へと追い込まれていきました。

しかも、最近はブランド物のバッグの全盛期。
壊れて修理を出すと、購入するのと同じくらいに修理代金を請求され、
それなら、新しいのを購入した方がお得と考えられているのです。

そんな傾向にあったカバンの扱い方ですが、
最近では、普通のカバンに加え、ブランド物のバッグが、
故障してしまった場合には、修理に出す人が、これまでの数倍にもなっているそうです。

カバンが故障する箇所と言えば、角の部分の皮がやぶれてきてしまったり、
とめ具やファスナーが壊れて、閉まらなくなったりと、
意外とカバンを使う上での要所が壊れてしまいます。

その壊れた部分を、カバンメーカーではなく、
カバンの修理職人に持っていかれるという方が増えているそうなのです。

カバン職人は、その修理方法をよく検討し、
できる限り、購入時の状態に近づけてくれるほどの技術力を持っていると言われています。

また、壊れやすい箇所には、見えないように補強を加えてくれたりと、
手の込んだ修理をしてくれるそうです。

スポンサード リンク

 

 

【バッグ】の記事一覧

カバンの修理

カバンを修理してみよう

トートバッグとは?

トートバッグの使い方

ビジネスバッグとは?

ビジネスバッグの選び方

ショルダーバッグとは?

ショルダーバッグの使い方

カバン選びのポイント

カバン選びで気をつけること

バッグ

バッグとは?をテーマとしてビジネスバッグの選び方などを解説しています。

トップ >  バッグ >