シルバー アクセサリーの歴史

古代メソポタミア文明のウル遺跡において、
シルバーの宝飾品が発見されていることから、
シルバー アクセサリーの歴史は、紀元前2600年頃から始まったと考えられています。

古代のウル遺跡で発見されたことから、
銀は金のように貴重なものとして扱われていたことがわかります。

古代インドやエジプトにおいては、金の価値よりも、
銀の価値の方が高かったと分析する歴史家もいるくらいですので、
現代でも人気のあるシルバーの大切さを改めて知ることができます。

そのシルバーが世界に広がっていったのは、
16~17世紀ごろと言われています。

これは、メキシコでポトシなどの大銀山が発見されたことにより、
大量の銀がヨーロッパに渡ったことが、一番の要因と考えられています。

ところで、シルバーアクセサリーと言えば、
アメリカインディアンが身に着けているインディアンジュエリーを、
想像される方もいるかもしれません。

アメリカインディアンは、銀細工の技術を発展させ、
シルバーアクセサリーを中心としたインディアンジュエリーを確立しました。

インディアンジュエリーも、実はアメリカインディアンの部族によって技術に違いが見られ、
ターコイズ(トルコ石)を使ったものもあり、
デザインや材料はさまざまなものがあります。

今では、当たり前となり、手軽に身に着けているシルバーアクセですが、
このように歴史を振り返ってみると、
普段、身に着けるシルバーアクセサリーが、一層、輝きを増すような感じがしますね。

スポンサード リンク

 

 

【アクセサリー】の記事一覧

魅惑のシルバー アクセサリー

シルバー アクセサリーの歴史

シルバー アクセサリーの素材

大人のシルバー アクセサリー

作りたいビーズアクセサリー

自分で作りたいビーズアクセサリー

ハワイアン ジュエリーの歴史

素敵なハワイアン ジュエリー

ヘア アクセサリーの種類

和のヘア アクセサリー

アクセサリー

アクセサリーとは?を主題として、シルバーアクセサリーやハワイアンジュエリーについて解説

トップ >  アクセサリー >