靴選びの基本

靴選びの基本的なことは、まず第一に自分の足の特徴に合った靴を選ぶこと、
そして、靴を履く主な目的に合わせたものを選ぶということが大切です。

靴を選ぶ時に気をつけなければならいのが、
外反母趾や偏平足といった症状を持っているかどうかです。

また、足首や膝が悪くて、、
普通に歩くのが困難な方も、十分に気を使って靴選びをしましょう。

足にかかる負担が、通常の靴よりも少ないという特徴を持った靴選びを行えば、
足にかかる負担や自分の体重を支えることも、簡単になります。

例えば、もしあなたが外反母趾の場合は、
幅の広い靴を選ぶことをおすすめします。

そうすることにより、親指と小指が、
今以上に内側に寄ることを防いでくれるでしょう。

もし、あなたが偏平足の場合ならば、靴底のクッション性の高く、
歩く度にかかる足への負担が少ない靴選びをおすすめします。

他に靴選びで注意しなくてはいけないことと言えば、
『安全性』ということがあげられると思います。

靴の安全性というのは、食品のように生産地の場所を気にするというのではなくて、
例えば、夏に多い出来事なのですが、サンダルを履いていて、
エスカレーターにサンダルの一部が巻き込まれてしまう。
という事故が起こっています。

サンダルや紐などが出ている靴を選ぶ場合には、
そのような事故に遭ってしまう可能性もありますから、
履く時は時と場所と目的を考えてから履くようにしましょう。

スポンサード リンク

 

 

【靴】の記事一覧

靴の修理とは?

靴の修理店

スニーカーとは?

スニーカーの選び方

ブーツとは?

ブーツのススメ

ビジネスシューズとは?

ビジネスシューズの選び方

靴選びの基本

靴選びのポイント

靴とは?をテーマとして、靴選びのl基本や修理の方法を解説しています。

トップ >   >