温泉のマナーと注意点

観光旅行の旅行先で、観光のほかに温泉もつきものであり、
旅先の温泉は格別に気分の良いものでしょう。

しかし、公共の場である温泉の入浴の仕方には
みんなが気持ちよく入浴できるためのいくつかのマナーや注意点があります。

まず第一に「かけ湯」をします。
かけ湯とは、まず入浴する前にお湯を体に掛けることです。

この行為は、単に汗などの体の汚れを洗い流し、清潔にするということだけでなく、
体をお湯の温度に徐々に慣らして、
心臓に負担を掛けないようにする為でもあります。

そして、かけ湯が終わり、湯船に入るときは、タオルを湯船に持ち込んでは
いけません。これも衛生的な事からくるマナーです。

よくテレビの旅番組などで、女性レポーターがタオルを巻いたまま
温泉につかっている様子が放映されていますが、
あれは、撮影上のものであって、本来はマナー違反なのです。

湯船に飲食物を持ち込まないことです。
観光客のなかには、湯船に缶ビールなどを持ち込む人が
いるようですが、これは論外です。

さらに、湯船で髪や体を洗ってはいけません。
これも他の入浴客に迷惑をかけるので、
決してやってはいけません。

温泉には、温泉地によって様々な効能があります。
その成分を、有効的に体に浸透させるため、
お湯からあがったあとに、シャワーなどは使わない方が良いでしょう。

せっかくの有効成分が洗い流されてしまいます。
さらに有効成分を残すには、タオルで水気を拭き取ってしまわず、
軽くタオルを当てる程度にして、あとは自然乾燥したほうがよいでしょう。

ただし、この際注意が必要なのは、強酸性の温泉や硫化水素泉などの
刺激の強い温泉の場合です。

有効成分を残すために、水気を拭き取らないと
「湯ただれ」を起してしまうことがありますので、
肌の弱い人は、軽くシャワーを浴びた方が良いとされています。

温泉の性質、効能は観光ガイドなどであらかじめ調べて
その温泉に合った入浴方法や
温泉のマナーを守って、互いに気持ちよく入りましょう。

スポンサード リンク

 

 

【観光】の記事一覧

日帰り温泉旅行に出かけよう!

日帰り観光旅行

人気の京都観光

エリア別・京都観光のポイント

日本三大名湯

温泉のマナーと注意点

九州の人気観光地

人気の海外旅行先

観光

観光とは?をテーマとして、日本三大名湯や人気観光地について解説します。

トップ >  観光 >