海外旅行のチップの注意点

海外旅行に出かける際の注意点として、念頭においておいたほうがよいこととして、
文化・習慣の違いがあるということです。

ことわざに「郷に入っては郷に従え」とあるように、
旅先の国では、その国の文化・習慣に従うのがマナーでしょう。

日本には無い習慣の一つとして、チップ制度があります。
海外では、チップ制度がある国は多くあります。
チップとは、日本で言うなれば、サービス料・奉仕料のことであり、
相手のサービスに対して、感謝の気持ちから
特に定められた一律の金額ではなく、各個人で決めた金額を現金で渡すものです。

チップは至るところで行われており、飲食店やホテルの利用時、お店でのショッピング、
タクシーを利用したときなどに、本来の料金に上乗せして支払いをします。
チップの金額の相場としては、本来の料金の10%から15%くらいでしょう。

もちろん、チップの金額によって今後のサービスに響く場合があるので、
度々そのサービスを受ける場合については、
ある程度多めに支払うことも考えた方が良いでしょう。

この多めというのは、さらに1%から2%くらい上乗せぐらいが妥当です。

チップ制度のほか、海外には数多くの注意すべき点がありますので、
旅行前には、現地の文化・習慣などについて、ガイドブックで調べたり、
経験者に聞くなどして、あらかじめ十分に調べたほうが良いでしょう。

スポンサード リンク

 

 

【海外旅行】の記事一覧

海外航空券購入の注意点

飛行機搭乗の際の注意点

アメリカは海外旅行の人気国

海外旅行の人気国・トップ2~5

海外旅行のチップの注意点

海外旅行の治安

マイルについて

マイルのメリットと注意点

海外旅行

海外旅行とは?をテーマとして、人気の海外旅行先やマイルについてを解説します。

トップ >  海外旅行 >