銀行系キャッシングと消費者金融の違い

私たちの身近になったキャッシングですが、
実際にキャッシングの利用を考える場合に、銀行系と消費者金融系の
どちらを利用しようか?
またどのような違いがあるのか?ということが気になり場合があります。

まず銀行系のキャッシングの特徴は、消費者金融会社と比べて、
実質年率が低く設定されており、利息の支払いを安く済ませることができます。

学費ローンやビジネスローンなどの目的に合わせたキャッシングもあり、
それらの金利は10%以下の数パーセント程度にとどまり、
消費税と考えてしまえば、それほど利息の支払いに対して、
経済的にも心理的にも負担を感じることがないかもしれません。

ですが、銀行系キャッシングで融資を受けるためには、
厳しい審査を受ける必要があります。

銀行系キャッシングを利用するためには、信用力が確かな仕事に勤めていることや、
預金額、その銀行との取引履歴などが審査項目にあがってきます。

逆に勤続年数も長く信用力が高い方が、マイホームなどで不動産を購入する場合は、
銀行から不動産ローンの利用を勧められることもあります。

とにかく、銀行系キャッシングは、確実に返済見込みがあると審査された方しか、
利用することができないでしょう。

一方で、消費者金融系のキャッシングは、銀行系のキャッシングと、
大きく特徴が違ってきます。

もっともわかりやすい違いというのは金利の高さで、
大手消費者金融系のキャッシングの金利は、20パーセント以上の実質年率が
設定されています。

しかし、最近では、改正貸金業規正法の成立により、
グレーゾーン金利が撤廃されたために、消費者金融系のキャッシングでも、
金利が20パーセントを切るようになりました。

これからは、低金利のキャッシングが一般的になってくることでしょう。

スポンサード リンク

 

 

【キャッシング】の記事一覧

キャッシングローン

キャッシングローンとは?

キャッシングの審査とは?

キャッシング審査の種類

おまとめローン

まとめローンとは?

ヤミ金融とは?

ヤミ金融の取立て

銀行系キャッシングと消費者金融の違い

キャッシングによるメリット・デメリット

キャッシング

キャッシングとは?をテーマとして、消費者金融の審査やおまとめローンについて解説。

トップ >  キャッシング >