釣りの仕掛け

釣りの仕掛けは、釣りたい魚の種類によって変える必要があります。
竿に釣り糸、オモリ、ハリ(針)などを使います。

釣りの仕掛けの例を以下にいくつか紹介しましょう。

浮き釣り仕掛け。道糸に浮きを付けたものです。浮きの付け方には、
固定仕掛け、遊導仕掛けがあります。

掛け釣り仕掛け。餌を付けないで、
掛けバリだけで魚を釣る仕掛けです。

サビキ釣り仕掛け。竿に長いハリス(鉤素)を付け、
それに多くの疑似餌を付けてつる仕掛けです。

ノマセ釣り仕掛け。サビキ釣り仕掛けで、
釣った魚をエサにするものです。

胴突き仕掛け。道糸のさきにおもりをつけ、
途中の糸の所に何本もかぎをつけたものです。

本物の釣りではないのですが、インターネット上での
詐欺の一種である、フィッシングというものもあります。

変なエサには注意して仕掛けに引っかからないようにしたいものです。

スポンサード リンク

 

 

【釣り】の記事一覧

海釣り公園

いろいろな海釣り

渓流釣りの魅力

渓流釣り

釣りの仕掛けの餌

釣りの仕掛け

人気の釣りのポイント

淡水魚釣りの人気ポイント

釣り

釣りとは?をテーマとしてフィッシングの楽しさに迫っていきます。

トップ >  釣り >