結婚式の余興

結婚式の余興には、主催者側(新郎新婦)の余興と、
出席者側の余興があります。

前者は、演出といってもよいかもしれないが、
親戚一同や、職場の上司、同僚が出席しているとなると、
羽目を外すわけにもいかず、結局無難な余興になりがちでなものです。

出席者側も招待される身であるから、
同様におめでたい席であまり羽目を外すわけにはいきません。

しかし、意外とスタンダードな余興の方が、
奇をてらったものより好印象だったりする。

結婚式の余興には以下のようなものがありますので参考にしてください。

(1)新郎新婦に乾杯の音頭をとってもらう。
ちょっとした工夫だが、雛壇の飾りになりがちな新郎新婦の印象が、
新鮮なものになります。

(2)両親への花束贈呈。
新郎新婦やご両親の心の高まりに、
出席者たちも感動を、共有することになります。

このように、わざわざ奇をてらわなくても、
新郎新婦の結婚を素直に喜ぶ心、
祝う心を共有できれば、結婚式の余興は感動的なものになります。

スポンサード リンク

 

 

【結婚式】の記事一覧

結婚式の電報

電報は贈りたいけれども

結婚式のアドバイス

結婚式ってあげるべきか?

結婚祝いの贈物

結婚祝いの贈物あれこれ

結婚式の二次会の服装

結婚式の2次会はよく確認する

結婚式の余興

結婚式の最高の余興とは?

結婚式の歌

みんなで歌う結婚式の歌

結婚式

結婚式とは?をテーマとして結婚式のいろはを紹介しています。

トップ >  結婚式 >