電報は贈りたいけれども

知人・友人が結婚すると知ったら、
やはり、何かお祝いをしたいと思うのが友達心。

そこで、結婚式に電報を贈りたいけれども、
先方から事前に「祝電等お気遣いなく」という配慮の気持ちが
伝えられることもあります。

これらの配慮は、海外で結婚式を挙げる時のように、
電報は贈りたいけれども「ちょっと」というような場合などに、
結婚する当人たちが「お気持ちだけいただきます」と
気を遣ってくれているのです。

これもある意味、義理堅い日本人の言い回し、
決まった表現だと言うことができます。

結婚は、実際慌ただしくなるものなので、
たとえ電報とは言えども、贈られた当人たちは、
「電報有り難うございました」とお礼を返すだけでも大変なものです。

このような場合は、電報は贈りたいけれども、
無理に贈ろうとしないで、結婚する当人たちが落ち着いた後にでも、
何か贈り物(プレゼント)をしてあげるのも、
祝福のひとつの方法です。

スポンサード リンク

 

 

【結婚式】の記事一覧

結婚式の電報

電報は贈りたいけれども

結婚式のアドバイス

結婚式ってあげるべきか?

結婚祝いの贈物

結婚祝いの贈物あれこれ

結婚式の二次会の服装

結婚式の2次会はよく確認する

結婚式の余興

結婚式の最高の余興とは?

結婚式の歌

みんなで歌う結婚式の歌

結婚式

結婚式とは?をテーマとして結婚式のいろはを紹介しています。

トップ >  結婚式 >