サーキットトレーニングとは?

サーキットトレーニングとは、様々な種類の筋力トレーニングを1セットにして、
1セット終了後休憩を挟まずに次の1セットを行うトレーニングのことを言い、
スポーツクラブでダイエットのためにクラスを用意しているところもあります。

サーキットトレーニングとは、
スポーツ選手の基礎体力の向上などを目的としています。

サーキットトレーニングとウェイトトレーニングとの相違点は、
一つの種目と次の種目の間に休憩を取らないことです。

このため、サーキットトレーニングでは、
トレーニングの最初から終わりまで、持続して負荷が加わることになります。
このことが、筋力の増大のみならず全身の持久力の養成につながります。

開始から終了まで休憩を挟まない
サーキットトレーニングとは、大変なように感じます。

しかし、ウェイトトレーニングのように高負荷をかけず、
時間あたり、自己の最高回数の40~50%という楽な運動を、
休息を入れずに行うのでそんなに大変ではありません。

トレーニング内容や設定回数は、目的や男女の別によって、
個人に合わせたメニューを作って行います。

2006年から、国が介護保険の中で、
介護予防を重視したシステムをスタートさせています。

そのため、スポーツジム等でも、中高年を対象とした、
サーキットトレーニングのメニューを実施しているところも多くなっています。

スポンサード リンク

 

 

【トレーニング】の記事一覧

加圧トレーニングとは?

加圧トレーニングの効果

加圧トレーニングのメカニズム

筋肉トレーニングとは?

筋肉を形成する重要な栄養素

筋肉トレーニングの方法

イメージトレーニングの効果

チューブトレーニングとは?

チューブトレーニングの特徴

サーキットトレーニングとは?

トレーニング

トレーニングとは?をテーマとして、効果的なトレーニングの方法を紹介しています。

トップ >  トレーニング >