加圧トレーニングのメカニズム

加圧トレーニングが、何故こんなに効果があるのかというと、
乳酸という疲労物質が大きく関係しています。
加圧トレーニングの際、血流を制限しながら運動を続けると、
血液が足りなくなり、乳酸がどんどん溜まります。

このような状態になると、体から自然にSOS信号が出され、
成長ホルモンの分泌が活性化されるのです。

専用のベルトによって、血流が制限された結果、
筋肉の中が無酸素状態になり、
成長ホルモンがたくさん分泌されたのです。

この結果、短時間・短期間で軽い運動が、
激しい運動と同等の効果を生み出すのです。

加圧トレーニングは、低負荷で、大きな効果が得られるため、
スポーツ選手のトレーニング、一般人のダイエット、筋肉増強、
入院後の体力の低下したお年寄りや、寝たきりの人
等様々な人に利用されています。

加圧トレーニングは、自己流で行うと、逆に筋肉を痛めたり、
筋肉が減少してしまうこともあるようです。

加圧トレーニングは、必ず、専門の指導員の指示にしたがって
行うようにしましょう。

スポンサード リンク

 

 

【トレーニング】の記事一覧

加圧トレーニングとは?

加圧トレーニングの効果

加圧トレーニングのメカニズム

筋肉トレーニングとは?

筋肉を形成する重要な栄養素

筋肉トレーニングの方法

イメージトレーニングの効果

チューブトレーニングとは?

チューブトレーニングの特徴

サーキットトレーニングとは?

トレーニング

トレーニングとは?をテーマとして、効果的なトレーニングの方法を紹介しています。

トップ >  トレーニング >