加圧トレーニングの効果

加圧トレーニングの効果は、腕と脚の付け根を専用ベルトで固定し、
加圧(適切な圧力で締める)した状態でトレーニングを行うことによって、
成長ホルモンの分泌を促進し、軽度の運動で激しい運動をしたのと同じ
効果を得ることが出来るというものです。
とても画期的なトレーニングとして、最近注目を集めています。

加圧トレーニングは、全力ではなく、
最大筋力の30~40%程度で行います。

常識的には、筋力トレーニングは、
最大筋力を使って行うと考えられていますが、
加圧式トレーニングは、軽い動きで、
同様の効果を得ることが出来るのです。

以前、人気のテレビ番組の「スパスパ人間学」で
「やせる&若返る 筋トレダイエット」
として紹介されていたので、ご存じの方も多いかもしれません。

加圧トレーニングと密接な関係があるのが、成長ホルモンです。
これは、子供が大人になるための
体の機能の発達を促すホルモンです。

成長ホルモンの作用は、脂肪の分解、
筋肉の生成、免疫力アップ、視力回復、
美肌効果(皮膚の弾力の増加)、骨密度の上昇、
怪我や手術後の回復期間の短縮、
等多岐にわたります。しかし、成長ホルモンは、
20歳をピークにして、どんどん減少してしまうのです。

スポンサード リンク

 

 

【トレーニング】の記事一覧

加圧トレーニングとは?

加圧トレーニングの効果

加圧トレーニングのメカニズム

筋肉トレーニングとは?

筋肉を形成する重要な栄養素

筋肉トレーニングの方法

イメージトレーニングの効果

チューブトレーニングとは?

チューブトレーニングの特徴

サーキットトレーニングとは?

トレーニング

トレーニングとは?をテーマとして、効果的なトレーニングの方法を紹介しています。

トップ >  トレーニング >