加圧トレーニングとは?

最近よく聞く、加圧トレーニングとは、腕や太股(大腿)をベルトで加圧して、
血流を適度に制御して行うトレーニング方式です。

現在、加圧トレーニングの効果は広く認められており、
利用されている分野としては、スポーツ選手のトレーニングのみならず、
リハビリ、ダイエット、運動不足の解消などがあります。

活気的なトレーニングである加圧式トレーニングの方法。
腕や足の付け根をベルトで巻き、適度に血流を抑制する状態で、
軽度の運動をすることにより、定負荷の運動で、高負荷の運動と同様の効果を
(筋肉を付ける、筋力アップなど)短期間・短時間で得られます。

加圧トレーニングとは、これを行うことにより、血流が適度に制限され、
毛細血管が活性化されます。すると、疲労物質である乳酸が溜まりだし、
その結果として、成長ホルモンの分泌促進が始まります。

トレーニング後、専用ベルトをはずすと、成長ホルモンの分泌は、
なんと通常の、約290倍まで高まっているのです。

成長ホルモンには、体脂肪を分解し、筋肉合成を起こす効果があります。

加圧トレーニングとは、成長ホルモン分泌促進のみならず、様々な、
医学的、生理学的効果が得られるので、スポーツ、健康、医療分野のみでなく、
航空宇宙医学分野においても注目されています。

スポンサード リンク

 

 

【トレーニング】の記事一覧

加圧トレーニングとは?

加圧トレーニングの効果

加圧トレーニングのメカニズム

筋肉トレーニングとは?

筋肉を形成する重要な栄養素

筋肉トレーニングの方法

イメージトレーニングの効果

チューブトレーニングとは?

チューブトレーニングの特徴

サーキットトレーニングとは?

トレーニング

トレーニングとは?をテーマとして、効果的なトレーニングの方法を紹介しています。

トップ >  トレーニング >