ミニバスケットボールのフェアプレー精神

ミニバスケットボールとは、
通常のバスケットボールの縮小版といったもので、
現在、小学生の間でとても流行しているスポーツです。

普通のバスケットボールとの違いは、まずゴールの高さで、
通常3メートル5センチに対し2メートル60センチで行われます。

また試合時間も通常の1クォーター10分に対し6分で行われます。
これは、小学生の体格、体力に合わせたものです。
そして参加資格も12歳以下に制限されています。

しかし、普通のバスケットボールとの最大の違いは、
ミニバスケットボールのフェアプレー精神です。
これらは「友情。ほほえみ、フェアプレーの精神」
とも置き換えられます。

ミニバスケットボールのフェアプレー精神とは、
バスケットボールというスポーツを通して
子供たちの心身を鍛え、仲間との助け合いの精神を学ばせるというものです。

具体的なミニバスケットボールのフェアプレー精神のあらわれとして、
第3クォーターまでに10人以上の選手を、
出場させなければならないというルールもあります。

このようなミニバスケットボールのフェアプレー精神を考えると、
子供にさせる最初のスポーツとして、
ミニバスケットボールは最適かもしれません。

スポンサード リンク

 

 

【バスケットボール】の記事一覧

バスケットボールの人気

日本のバスケットボール

バスケットシューズが大人気

バスケットシューズのメーカー

バスケットボールの日本リーグとは?

バスケの日本リーグ

バスケットボール世界選手権

2006年バスケットボール世界選手権

ミニバスケットボールとは何か?

ミニバスケットボールのフェアプレー精神

バスケットボール

バスケットボールとは?をテーマとして、バスケの大会等の解説をしています。

トップ >  バスケットボール >