2006年バスケットボール世界選手権

バスケットボール世界選手権は、
真の世界一を決めるサッカーのワールドカップのようなものです。

4年に1度開催され、
2006年バスケットボール選手権は日本で開催されました。

2002年に日韓共同で開催された、サッカーワールドカップに比べて、
盛り上がりに欠けたのは事実でしょう。

日本開催ということさえ知らなかった人も多いのではないでしょうか?

2006年バスケットボール世界選手権は、
8月19日から9月3日にかけて開催されました。

日本代表は開催国として無条件で出場できましたが、
結果は予選グループ5位と振るわず予選通過はなりませんでした。

2006年バスケットボール世界選手権で優勝したのは、
日本と同じ予選グループBだったスペインでした。

私たちのイメージでは、バスケといえばアメリカというイメージがありますが、
アメリカは、バスケットボール最高峰リーグNBAのスタープレーヤー、
コーヒー・ブライアント、レブロン・ジェームスらを要してさえ3位に終わりました。

アメリカは全回大会でも6位に終わっていて、
バスケットボール王国復権はなりませんでした。

スポンサード リンク

 

 

【バスケットボール】の記事一覧

バスケットボールの人気

日本のバスケットボール

バスケットシューズが大人気

バスケットシューズのメーカー

バスケットボールの日本リーグとは?

バスケの日本リーグ

バスケットボール世界選手権

2006年バスケットボール世界選手権

ミニバスケットボールとは何か?

ミニバスケットボールのフェアプレー精神

バスケットボール

バスケットボールとは?をテーマとして、バスケの大会等の解説をしています。

トップ >  バスケットボール >