日本のバスケットボール

日本のバスケットボールは、
1908年(明治41年)に初めて紹介されたと言われています。
その際には、籠球と呼ばれていました。

最初に国際的な公式大会が行われたのは、
第三回極東選手権(東京・芝浦)と言われています。

日本のプロバスケットボールには、
プロリーグはなく、戦後実業団を中心に発展しました。

その後、同じく実業団として活動していた
サッカーの日本リーグが、Jリーグとして成功を収めると、
バスケットボールもメジャー化を狙うようになりました。

こうして、国内のリーグが大幅に改編され、
JBL(日本バスケットボール機構)スーパーリーグがスタートしました。

しかし、バスケットボールのJBLは、
サッカーのJリーグのようには人気が定着しませんでした。

Jリーグは、完全にプロ化し地域密着を掲げたのに対し、
JBLは企業のスポーツ活動の一環として行われているために、
実業団の域を出られなかったのが原因といわれています。

そこで、2005年からは日本初のプロリーグとして、
bjリーグがスタートしました。

しかし、JBLのすべてのチームがbjリーグに
参加したわけではありませんでした。

そのため、国内のトップリーグが
2つ存在するという異常事態になっているのです。

選手では、本場アメリカのNBAに挑戦している
田臥勇太などがいるのですから、
今後のバスケットボールの発展のためにも、
内輪もめなどしている場合ではなく早い時期に
リーグを一本化する必要があるのではないでしょうか?

スポンサード リンク

 

 

【バスケットボール】の記事一覧

バスケットボールの人気

日本のバスケットボール

バスケットシューズが大人気

バスケットシューズのメーカー

バスケットボールの日本リーグとは?

バスケの日本リーグ

バスケットボール世界選手権

2006年バスケットボール世界選手権

ミニバスケットボールとは何か?

ミニバスケットボールのフェアプレー精神

バスケットボール

バスケットボールとは?をテーマとして、バスケの大会等の解説をしています。

トップ >  バスケットボール >