テニスのランキングの話

テニスのランキングの話は、枚挙にいとまがありません。

1933年(昭和8年)に佐藤次郎が、
世界ランキング3位にランキングされました。
この記録は、当時イギリスの批評家が決めるもので、
これは日本男子最高位です。

1994年には、伊達公子がWTA世界ランキング9位にはいり、
翌年には4位に入りました。
この記録は日本女子最高位でです。

佐藤次郎、伊達公子、両名の記録とも未だに破られていません。

1998年:
南米(チリ)の選手として初の世界ランキング1位をマルセロ・リオスが獲得

2000年:
南米(ブラジル)の選手として、
初の年間最終ランキング1位をグスタボ・グエルテンが記録

2002年2月:
黒人女子テニスプレーヤーとして、ヴィーナス・ウィリアムが、
初めて世界ランキング1位を獲得

2004年9月:
フランス女子テニス界で、アメリ・モレスモが世界ランキング1位を獲得

2005年:
ロシア人の女子テニスプレーヤー、マリア・シャラポワが、
初の世界ランキング1位を取得。
当時18歳4ヶ月で歴代5位の若さでした。

世界ランキングで、史上最年少で1位になったのは、
マルチナ・ヒンギスで16歳6ヶ月でした。

モニカ・セレシュは17歳3ヶ月9日、
トレーシー・オースチンは17歳3ヶ月26日でした。

スポンサード リンク

 

 

【テニス】の記事一覧

テニスの4大大会

いろいろなテニス大会

ソフトテニスとは?

ソフトテニスの歴史

テニスのルール

テニスのルールはわかりにくい?

テニスの歴史

テニスの歴史に残るプレーヤー

テニスのランキング

テニスのランキングの話

テニス

テニスとは?をテーマとして、テニスの歴史や大会などについて説明します。

トップ >  テニス >