テニスの歴史に残るプレーヤー

テニスの歴史に残るプレーヤーといえば、
ドイツのシュテフィ・グラフでしょう。

もっと詳しい テニスの歴史 はこちら

1988年、テニス4大大会のほか、オリンピックでも優勝し、
ゴールデンスラムという偉業を達成したのです。

テニス4大大会優勝というグランドスラムを
最初に達成した男子選手は、1938年の、ドン・バッジです。
女子では1953年のモーリーン・コネりーです
どちらもアメリカ人選手です。

ビョルン・ボルグやジョン・マッケンローなどの
国際殿堂入りを果たしたテニスの歴史に残るプレーヤーもいます。

日本でのテニスの歴史に残るプレーヤーといえば、
1920年(大正9年)アントワープ5輪で銀メダルを取った、
熊谷一弥(くまがいいちや)です。

1933年(昭和8年)には、
佐藤次郎が世界ランキング3位に認定されました。

記憶に新しいところでは伊達公子がいます。
シュテフィ・グラフと激闘を繰り広げるなど、
日本のテニスの歴史に残るプレーヤーです。

スポンサード リンク

 

 

【テニス】の記事一覧

テニスの4大大会

いろいろなテニス大会

ソフトテニスとは?

ソフトテニスの歴史

テニスのルール

テニスのルールはわかりにくい?

テニスの歴史

テニスの歴史に残るプレーヤー

テニスのランキング

テニスのランキングの話

テニス

テニスとは?をテーマとして、テニスの歴史や大会などについて説明します。

トップ >  テニス >