テニスの歴史

テニスの歴史は、4000年前のエジプトには、
ボールや今のラケットに似たものがあったそうです。
紀元前15世紀頃のエジプトの壁画に源流が確認できます。

もっと詳しい テニスの歴史 はこちら

古代ローマでもこの競技は行われていたとみられています。

8世紀のフランスで、ラ・ソーユという球技が起こりました。
11世紀以降、中世フランスの修道院で、ジュド・ボーム(手のひらゲーム)という、
文字通りの手のひらを使ったゲームが流行りました。

これは、キリスト教徒が、イスラム教徒が宗教的行為として
行っていたものを、模倣したと言われています。

14世紀のイタリアで、現在のラケットの原型が登場するまでは、
手のひらや手袋でボールを打ち合っていました。

1505年には、初の国際大会が開かれました。

ヴェルサイユ宮殿にはテニスコートがありました。
1789年6月20日に「テニスコートの誓い」が、
フランス革命直前に、そこで行われたのは歴史的に有名です。

現在のようなテニスの歴史は、
イギリスのウォルター・クロプトン・スプリングフィールド少佐が考案しました。

1873年、彼が、ローンテニスというパンフレットを作成、
発表したのです。彼はさらに、
1874年2月23日にこのゲームの3年間の特許を取り、
テニス用具セットも販売しました。

ローンテニスは、その後瞬く間に広まり、改良が加えられた後、
1877年、第一回ウィンブルドン大会が開催されました。

その後1881年に、アメリカで全米シングルス大会、
1891年には、フランス選手権、1905年には、
オーストラレーシア選手権が開催され、世界的な競技になっています。

スポンサード リンク

 

 

【テニス】の記事一覧

テニスの4大大会

いろいろなテニス大会

ソフトテニスとは?

ソフトテニスの歴史

テニスのルール

テニスのルールはわかりにくい?

テニスの歴史

テニスの歴史に残るプレーヤー

テニスのランキング

テニスのランキングの話

テニス

テニスとは?をテーマとして、テニスの歴史や大会などについて説明します。

トップ >  テニス >