ソフトテニスの歴史

ソフトテニスの歴史は、1894年に日本人最初の
体操教師である坪井玄道(つぼいげんどう)さんが、
ゴムボールでするテニスを考案したのが始まりとされています。

坪井玄道が、ゴムボールを使ってローンテニスを教えたことから、
ソフトテニスは広まりました。
以下にソフトテニスの歴史を、年代順に見ていきましょう。

1904年:最初のソフトテニスのルールが作られました。
大学ではテニスは硬式に移行したものの、
ソフトテニスは社会人や女性に人気を博しました。

1924年:日本軟球協会設立
1926年:日本軟式庭球連盟設立
1928年:両団体統一
1933年:日本軟式庭球連盟として再スタート
第二次世界大戦中:物資不足のため、ソフトテニス界は低迷
第二次世界大戦以後:戦後復興とともに、ソフトテニスの人気も復活
現在愛好家は、700万人とも言われ、伝統的スポーツとして、
学校の部活動としても、ソフトテニスの歴史は長いものになっています。

ソフトテニスは、1922年ルール改正がされるまでは、
軟式テニスと呼ばれていました。

1933年以降、ダブルスに加え、シングルスも正式導入され、
現在は、国際大会がアジアを中心に開かれています。

スポンサード リンク

 

 

【テニス】の記事一覧

テニスの4大大会

いろいろなテニス大会

ソフトテニスとは?

ソフトテニスの歴史

テニスのルール

テニスのルールはわかりにくい?

テニスの歴史

テニスの歴史に残るプレーヤー

テニスのランキング

テニスのランキングの話

テニス

テニスとは?をテーマとして、テニスの歴史や大会などについて説明します。

トップ >  テニス >