野球のルールの歴史

野球のルールの歴史は、1845年のアメリカで、
現在のような形になったといわれています。

野球のルールの歴史は、
タウンボールというスポーツの改良によって誕生しました。

当時消防士であった、アレキサンダー・カーライトが、
消防士の運動不足の解消のため、タウンボールのルールを、
アウト三つで交代などと改良したのです。

その後、カーライトは、
ニッカボッカーズというチームを作り、普及に努めました。

カーライトとともに、野球の父と呼ばれるのは、
ヘンリー・チャドウィックです。
彼は、1857年野球のルールブックを最初に作成しました。

野球のルールの歴史によると、野球はその後何度も改良を重ね、
今のような形になったそうです。

野球拳という、愛媛松山の郷土芸能もあります。
野球拳のルールは、服などは脱がず、
三味線と太鼓の曲に合わせて歌い踊り、
じゃんけんで勝敗を決めます。

1チーム3人づつ出場し、
松山城で松山春祭り本家野球拳全国大会が開かれています。

スポンサード リンク

 

 

【野球】の記事一覧

野球の歴史

野球の歴史の話

野球のルール

野球のルールの歴史

日本のプロ野球

プロ野球のスーパースター

野球といえば甲子園

甲子園といえば野球?

野球といえばメジャーリーグ

野球・メジャーリーグで活躍する日本人

野球

野球とは?をテーマとして、野球の歴史やルールから現代野球までを解説します。

トップ >  野球 >