野球のルール

野球のルールでは、1チームが9人で構成され、
ナインとも呼ばれ、1つの試合は、2チームで行います。

野球の試合の勝敗は、
2つのチームが攻撃と守備を繰り返して決めます。

攻撃と守備は、先攻と後攻に分かれ、
先行が攻撃している時を「表」
後攻が攻撃している時を「裏」といいます。

野球のルールで基本となる得点は、
守備の投手が投げたボールを、
攻撃側の打者(バッター)が打ち、
打者及び、1塁、2塁、3塁と進んだ選手が
本塁まで戻ると1点入ります。

野球のルールで攻撃と守備が入れ替わるのは、
アウトといって、打者や、塁にでたランナーが
プレーを続ける資格を失うプレーが3つたまり、
3アウトになったときにおこなわれます。

一回の攻撃と守備で1イニングと呼ばれます。
9イニング(9回)で終了となり、
得点の多いチームが勝者になります。

スポンサード リンク

 

 

【野球】の記事一覧

野球の歴史

野球の歴史の話

野球のルール

野球のルールの歴史

日本のプロ野球

プロ野球のスーパースター

野球といえば甲子園

甲子園といえば野球?

野球といえばメジャーリーグ

野球・メジャーリーグで活躍する日本人

野球

野球とは?をテーマとして、野球の歴史やルールから現代野球までを解説します。

トップ >  野球 >