野球の歴史

野球の歴史は、アメリカでは1901年に始まり
日本では、1872年(明治5年)に始まりました。
日本の野球の歴史の方が古いのです。

もっと詳しい 野球の歴史 はこちら

日本の野球の歴史は、
東京大学の前身である開成学園のアメリカ人教師
ホレース・ウィルソンが、学生に球を捕らせた記録があることから、
これが始まりといわれています。

ベースボールの試合が行われたのは、1873(明治6年)で、
当時は、ユニホームではなく、裸足に着物というスタイルでした。

野球の名付け親は、正岡子規という説がありますが、
実際は誤りで、1894年(明治27年)、
第一高等中学校(第一高等学校・後の東京大学教養学部)
で選手だった中馬庚(ちゅうまんかなえ)が、
ベースボールを野球と訳しました。

野球の歴史で、
中馬庚が1897(明治30年)に出版した研究書「野球」は、
歴史的文献といわれています。

俳人正岡子規は、野球好きとして知られていましたが、
雅号の一つは、「野球(のぼーる)」としゃれていました。

野球の歴史は、東京大学から始まり、
今ではもっとも日本全国で、鑑賞されるスポーツになっています。

スポンサード リンク

 

 

【野球】の記事一覧

野球の歴史

野球の歴史の話

野球のルール

野球のルールの歴史

日本のプロ野球

プロ野球のスーパースター

野球といえば甲子園

甲子園といえば野球?

野球といえばメジャーリーグ

野球・メジャーリーグで活躍する日本人

野球

野球とは?をテーマとして、野球の歴史やルールから現代野球までを解説します。

トップ >  野球 >