打順:ゴルフのルール

ゴルフのルールは、1日かけて広い18ホールを回るものです。

ゴルフのルールの前に、マナーとして、
土日などの込んでいるときには、 何組ものプレーヤーが
順番にホールを使うので、遅刻しないようにしたり
ボールを打ち損じて他のプレーヤーに
迷惑をかけたりしないようにしたいものです。

ゴルフのルールでは初めに打つ人をオナーと呼び、
最初のホールでは、話し合いで打つ人を決めます。

ゴルフのホールで最初に打つ球はティーショットと呼ばれます。
この際、とても集中力が必要となるので、
他の人の邪魔をしないようにしましょう。

2ホール目以降のオナーは、
前のホールで一番打数が少なかった人がつとめます。

もし打数が同じだった場合は、
さらに前のホールの成績で決めることが一般的です。

午前中に8ホール回ると休憩になり、
お昼をとることになります。

午後のプレー順は、ゴルフのルールでは特に決まりはないので、
前のホールの打順で決めたり、話し合いで決めるとよいでしょう。

ティーショットを空振りすることはよくありますが、
ゴルフのルール上は、これも1打と数えられてしまいます。

しかし、初心者の場合は、特別ルールとして
大目に見てもらうことも多いようです。

お互いに相手のことを思いやって、気持ちのよいゴルフをプレーして、
まわりの景色なども楽しみたいものです。

スポンサード リンク

 

 

【ゴルフ】の記事一覧

ゴルフの歴史

日本のゴルフの歴史

人気のあるゴルフ場とは?

人気のゴルフ会員権

ゴルフクラブの選び方

初心者向きゴルフクラブの選び方

OB:ゴルフのルール

打順:ゴルフのルール

コースとホール:ゴルフ用語の基礎

スコアとホール:ゴルフ用語の基礎

ゴルフの練習法

ゴルフの練習方法

ゴルフ

ゴルフとは?をテーマとして、ゴルフの歴史から練習方法まで解説しています。

トップ >  ゴルフ >