OB:ゴルフのルール

ゴルフという競技のルールは、
1日かけて18ホールのコースをまわり、
それぞれのホールでボールがカップに入るまでに
かかった打数をスコアとして競うというものです。

ゴルフの規定打数をパーと呼びます。
これはボールをカップに入れるまでの
打数のことで、ホールの大きさによって3種類に分かれています。

いいスコアを得るためには、
パーより少ない打数でゴルフを進める必要があります。

ゴルフのルールの中で初心者にとって一番多く関わってくるのは、
ボールが物理的に打てなくなったり、無くなったりしたときでしょう。

自分ではよく飛んだと思ったボールが、池の中だったり、
林の中であったり、果ては別のホールであったということは、
珍しくありません。

このようにゴルフボールがプレー困難になることを、
ゴルフのルール上でOBといいます。

OBになったときは、ゴルフのルールでは、
OBした地点から一番近いホールにボールを置き
そこから軽く1打して、ホールにボールを戻して、
プレーを再開します。

OBした際には、ペナルティーとして、
ホールに戻す為の1打と、スコアに1打が加算されます。

ゴルフのルールを守って、他のたくさんのプレーヤーと、
気持ちよくゴルフを楽しみたいものです。

スポンサード リンク

 

 

【ゴルフ】の記事一覧

ゴルフの歴史

日本のゴルフの歴史

人気のあるゴルフ場とは?

人気のゴルフ会員権

ゴルフクラブの選び方

初心者向きゴルフクラブの選び方

OB:ゴルフのルール

打順:ゴルフのルール

コースとホール:ゴルフ用語の基礎

スコアとホール:ゴルフ用語の基礎

ゴルフの練習法

ゴルフの練習方法

ゴルフ

ゴルフとは?をテーマとして、ゴルフの歴史から練習方法まで解説しています。

トップ >  ゴルフ >