日本のゴルフの歴史

日本のゴルフの歴史は、1400年代にヨーロッパで盛んになったものが、
1900年初めに伝わり、神戸に初めてのゴルフ倶楽部が出来ました。

日本での爆発的なゴルフブームは、
戦後東京近郊で行われた世界的な選手集う競技会で、
日本人選手が優勝したことをきっかけにおこりました。

その後、環境問題に発展するほどゴルフ場の乱開発は続いたのです。

日本のゴルフの特徴は、他国に比べてとてもお金がかかると言うことです。

イギリスなどでは、ゴルフはキャディーなどつけずに
安い料金でみんなが楽しんでいます。
貧乏人、子供、年金生活者を問いません。

日本のゴルフは何故こんなにプレー料金をとられるのでしょうか?

一つは、日本には平地が少ないため、
ゴルフ場の土地のコストがかかるということ、
山にゴルフ場を作るのにコストがかかるということがあります。

ゴルフ場がどんどん開発された理由は、
ゴルフ場の開発費用を調達しようと、
ゴルフ会員制度を設け、一般から集めた資金で
開発する方法が成功したからです。

全盛期にはゴルフ会員権は高値で取り引きされ、
スポーツだけでなく投資の対象になり、
ますます企業や、大衆に広まりました。

そして企業には、接待ゴルフが定着したのです。

現在もプレーにはお金がかかるのが現実です。
さらに、投資や乱開発が落ち着いたとはいえ
開発コストや公害対策などのつけやコストの高さの影響は強く残っています。

スポンサード リンク

 

 

【ゴルフ】の記事一覧

ゴルフの歴史

日本のゴルフの歴史

人気のあるゴルフ場とは?

人気のゴルフ会員権

ゴルフクラブの選び方

初心者向きゴルフクラブの選び方

OB:ゴルフのルール

打順:ゴルフのルール

コースとホール:ゴルフ用語の基礎

スコアとホール:ゴルフ用語の基礎

ゴルフの練習法

ゴルフの練習方法

ゴルフ

ゴルフとは?をテーマとして、ゴルフの歴史から練習方法まで解説しています。

トップ >  ゴルフ >