フットボールの発展の歴史

それまで統一ルールのなかったフットボールを、
発展させることに成功したのは、間違いなく
フットボール協会(FA)」の存在が大きいです。

フットボール協会(FA)が1871年に始めたのが現在にも残るFAカップ。

このFAカップなどの貢献により、
上流階級のスポーツだったフットボールが、
大衆のスポーツへと浸透し、一気に広まりを見せました。

FAカップ創設当時は、
上流階級のクラブとイギリス北部の労働者クラブという勢力図があったそうです。

その中で、労働者クラブの中には、
現在のプロと言える選手が誕生し始めていました。

そして、1885年にはFAがプロ選手を公認し、
1888年に正式なプロリーグとなりました。

このようなイングランドから始まったフットボールの歴史は、
大英帝国の海外進出をきっかけとして、全世界に広まっていきました。

1900年のパリ・オリンピックでは、非公式試合が行われ、
1908年のロンドンオリンピックから、
サッカーがオリンピックの正式種目となりました。

オリンピックでのサッカーは、
現在も24歳以下の大会として続いています。

スポンサード リンク

 

 

【サッカー】の記事一覧

サッカー人気の理由とは?

サッカーのルール

サッカーワールドカップ

2006年ドイツワールドカップ

Jリーグ(J1)とは?

J1とJ2の入れ替え戦

セリエAとは?

スクデット:セリエAでの優勝

リーガ・エスパニョーラ(プリメーラ・ディビシオン)

スペインリーグ2部リーグ

プレミアリーグ

サッカーの歴史

フットボールの発展の歴史

サッカー

サッカーとは?をテーマとして、海外クラブ、ワールドカップなどサッカーの魅力について語ります。

トップ >  サッカー >