J1とJ2の入れ替え戦

Jリーグにはディビジョン1と2に分かれており、
毎年のリーグ戦の順位によって、
自動昇格、自動降格、入れ替え戦というものを行います。

現在の制度では、J1の年間順位が17位、18位のクラブは、
J2に自動降格されます。

また、J2の年間順位が1、2位のクラブは、
J1に自動昇格します。

そして、J1の年間順位16位のクラブと、
同J2の3位のクラブが入れ替え戦を行います。

入れ替え戦の厳しさ

J1に所属するかどうかは、
クラブにとっては、収入の面で圧倒的な差となり、
また、選手にとっても、注目度、収入面でまったく違ってくるので、
まさに選手生命がかかるほどの差となります。

ですから、この入れ替え戦に勝って、J1に残留、もしくは昇格する。
というのは、天と地ほどの差となるのです。

最近では、元日本代表の選手が、J2で活躍しており、
注目度は高くなったとは言え、
J2に降格した選手の涙を見ると、
どれほど厳しいかがわかるような気がします。

スポンサード リンク

 

 

【サッカー】の記事一覧

サッカー人気の理由とは?

サッカーのルール

サッカーワールドカップ

2006年ドイツワールドカップ

Jリーグ(J1)とは?

J1とJ2の入れ替え戦

セリエAとは?

スクデット:セリエAでの優勝

リーガ・エスパニョーラ(プリメーラ・ディビシオン)

スペインリーグ2部リーグ

プレミアリーグ

サッカーの歴史

フットボールの発展の歴史

サッカー

サッカーとは?をテーマとして、海外クラブ、ワールドカップなどサッカーの魅力について語ります。

トップ >  サッカー >