サッカーのルール

サッカーのルールは、まずサッカーボールを手で触ってはいけないこと。

基本的には足が中心ですが、胸トラップや、頭でヘディングなども、
サッカー選手としては欠かせない動作です。

そして、選手数は11人で2チームで試合をし、
自陣のペナルティエリア内には、ボールを手で触ることができるゴールキーパーがいます。

ボールを手で扱えるゴールキーパーは、
他の選手と区別できるように違うユニフォームを着ています。

(ちなみにですが、主審・副審は、
黒色などの地味なユニフォームを着ることが多いです。)

サッカーボールがゴールの白線を超えると得点になり、
得点が多い方が勝ちチームとなります。

イエローカードとレッドカード

また、サッカーで印象的なルールは、
イエローカードとレッドカードでしょう。

危険なスライディングや審判への暴言、
試合を遅らせる遅延行為などをすると、カードをもらってしまいます。

レッドカードは1発退場。
イエローカードは、2枚で退場となります。

スポンサード リンク

 

 

【サッカー】の記事一覧

サッカー人気の理由とは?

サッカーのルール

サッカーワールドカップ

2006年ドイツワールドカップ

Jリーグ(J1)とは?

J1とJ2の入れ替え戦

セリエAとは?

スクデット:セリエAでの優勝

リーガ・エスパニョーラ(プリメーラ・ディビシオン)

スペインリーグ2部リーグ

プレミアリーグ

サッカーの歴史

フットボールの発展の歴史

サッカー

サッカーとは?をテーマとして、海外クラブ、ワールドカップなどサッカーの魅力について語ります。

トップ >  サッカー >