誕生日ケーキのろうそく

誕生日ケーキといえば、ろうそくをその歳の数だけ火をつけて、
部屋を暗くして、さっと吹き消すという習慣がある。
年齢を重ねてくうちに、その歳の数だけろうそくをつけるっていうのは、
膨大なろうそくの数になってしまい、ホールケーキに乗り切らないくらいになるので
全部乗せるにはかなり大きなホールケーキになってしまう。
でも、それは太いろうそくで10年分と換算すれば、本数自体は減るし良しとして。

ところで、この誕生日ケーキで年齢の分だけろうそく点けて、そして吹き消すといった習慣が
いつから始まったのだろうか?そしてどんな意味でこのようなことが行われるか?と
ふと思い、調べてみた。
その結果、確かな答えではないが、
・ろうそくの炎は宗教的な意味合いがあり、気持ちが高揚するような作用が働く。
・スポンジケーキは柔らかくろうそくを立てやすい。
以上のような理由で、誕生日ケーキにろうそく立てて火を点けてさっと吹き消す習慣が
できたのではないかと言われている。あくまで俗説であるが。

起源云々よりも、この習慣は、祝ってもらう人はもちろん祝う人も楽しませてくれるし、
その場が盛り上がるので、誕生日にケーキ、そしてろうそくのセットは欠かせないアイテムだ。

スポンサード リンク

 

 

【ケーキ】の記事一覧

誕生日といえばケーキ

誕生日ケーキのろうそく

ケーキバイキング

ケーキバイキングあれこれ

パウンドケーキ

パウンドケーキ様々

チーズケーキとは?

チーズケーキは好きだけど

チョコレートケーキ

チョコレートケーキの決め手

ガトーショコラ

ガトーショコラの簡単レシピ

ホットケーキは簡単

ホットケーキの思い出

ふわふわのシフォンケーキ

シフォンケーキのいろいろ

ケーキ

ケーキとは?をテーマとして、誕生日ケーキ、チーズケーキなどについて語り尽くします。

トップ >  ケーキ >