ドイツ料理について

料理の中でも、ドイツ料理で挙げられるものといえば、数少ない。
たとえば、ソーセージ、ジャーマンポテトくらいである。
これらのものは、だいたいが質素で素朴な料理であるが
ドイツ料理とはそういうものであり、
ドイツ料理イコール素朴な家庭料理というイメージは世の中に浸透している。

ドイツ料理について、まず肉料理ではコトコト煮込んで作られたものが多く、
ドイツ人の主食と言えるジャガイモ料理が豊富である。

これらの起因となるものは、やはりドイツの気候と関係がある。
ドイツは寒冷な気候であり、作物が不足しがちである。
このような寒さを乗り切るために、ハムやソーセージ、ベーコンといった豚肉の加工品や燻製、
そして、塩漬けにしたマリネ、塩漬けキャベツを発酵させたザワークラウト、など
すべて保存がきいて長持ちできるような食品だ。

さらに、ドイツ料理には、お菓子のバウムクーヘンが世界的にも有名で、
ビールが名産品としても知られている。

ドイツ料理は、素朴な家庭料理と言われているように、
味付けも、素材そのものの味を生かして作られているものが多く、
素材そのものの味を引き出すという料理を作る日本人の味覚と
相通ずるものがある。

スポンサード リンク

 

 

【料理】の記事一覧

日本料理の特色

日本料理の特長とは?

韓国料理

韓国料理の特長

フランス料理の特長

フランス料理の基礎知識

イタリア料理の特色

イタリア料理を楽しむ

ドイツ料理の特長とは?

ドイツ料理について

料理

料理とは?をテーマとして料理を洋風・和風・日本食など、各国料理別に解説しています。

トップ >  料理 >