イタリア料理の特色

イタリア料理は、料理の歴史のおいて発祥が紀元前までにさかのぼる
最も古い料理の一つである。

日本は島国ゆえ海に囲まれているので、魚介類・海産物が豊富であるように、
イタリア料理も、三方向海で囲まれた土地であるため、
魚介類を使った料理が多いというのが、イタリア料理の特色とも言える。
さらに、イタリア料理にはトマトソースとオリーブオイルが
調理には欠かせないものである。

イタリア料理の中でも、ナポリ地方の料理の代表であるのは、
スパゲッティ(パスタ)やピザ(ピッツァ)であろう。
これらは日本でも1970年代頃より、イタリア料理のことを
以前は「イタメシ」と呼ばれるほど、私達の食生活にすっかり浸透してきた。
さらにパスタ・ピッツァだけでなく、お米文化である日本人の味覚にも合う
お米を使った料理、日本で言えばおかゆみたいな感じの、
リゾットもかなり人気がある。

しかし、私達日本人がイメージしているイタリア料理とは先ほど挙げた、
パスタ・ピッツァ・リゾットなどであるが、
これらは、実は、イタリア南部の料理のものが多く、
フランス料理の影響を受けている北部地方の料理は、
日本人にはあまり知られていない。
イタリア北部地方の料理もまたそれで違った
個性的なイタリア料理が存在しているのである。

スポンサード リンク

 

 

【料理】の記事一覧

日本料理の特色

日本料理の特長とは?

韓国料理

韓国料理の特長

フランス料理の特長

フランス料理の基礎知識

イタリア料理の特色

イタリア料理を楽しむ

ドイツ料理の特長とは?

ドイツ料理について

料理

料理とは?をテーマとして料理を洋風・和風・日本食など、各国料理別に解説しています。

トップ >  料理 >