日本料理の特長とは?

外国人から見て日本料理といえば、寿司・てんぷら・蕎麦と言ってくれる。
それだけこれらは、日本料理の代表格というべきものである。
海外でも認知度は高く日本の誇りとも言える。

日本料理の特長は、やはり素材の持ち味を存分に引き出した調理方法、
そして、食器へきめこまやかに盛り付けるなど、見た目を重視するという点が
挙げられるだろう。

さらに、日本の土地柄の観点からすると
海に囲まれた島国日本には、魚介類や農産物が豊富であり
季節ごとに旬の素材を味わい楽しめるのも日本料理の特長と言える。

最近では、日本だけでなく海外でも、日本料理のブームが到来し、
広く注目を浴びている。

西洋料理の肉料理・魚料理は、油・バターで調理することが大半で
カロリーが高い。
一方、日本料理の懐石料理になどに見られるシンプルな
一汁三菜スタイルや、野菜中心の精進料理などカロリーが控えめなので、
ダイエットに励む多くの女性たちの救済料理とも言え、大人気である。

ちなみに、日本料理の代表する格式高い正式なもてなし料理を、
本膳料理と言う。

スポンサード リンク

 

 

【料理】の記事一覧

日本料理の特色

日本料理の特長とは?

韓国料理

韓国料理の特長

フランス料理の特長

フランス料理の基礎知識

イタリア料理の特色

イタリア料理を楽しむ

ドイツ料理の特長とは?

ドイツ料理について

料理

料理とは?をテーマとして料理を洋風・和風・日本食など、各国料理別に解説しています。

トップ >  料理 >