西洋のお菓子-洋菓子の特長

お菓子には、西洋風の洋菓子と日本風の和菓子の2種類がある。
洋菓子が日本に普及され始めたのは、明治時代であり、
3ジャンルに分けられる。
・ケーキなどのパティスリー
・砂糖やチョコレートなどを使ったコンフィズリー
・氷菓子のグラス

西洋のお菓子、洋菓子の特長はまず、小麦粉やバターを
材料に使用しているものが多い。
和菓子に比べて、バターなどの油脂類がある分、
若干カロリーは高めであり、肥満などの原因になるということも
洋菓子の特長の一つと言える。

洋菓子の主なものとしては、
ケーキ・パイ・ビスケット・キャンディー・プリン・ゼリー・アイスクリームなど
私達が普段、目にするものばかりだ。

スポンサード リンク

 

 

【お菓子】の記事一覧

人気のケーキとお菓子

今、人気があるケーキとお菓子は?

ケーキバイキング

ケーキバイキングでたくさん食べるコツとは?

日本のお菓子-和菓子の特長

和菓子の特長とは?

西洋のお菓子-洋菓子の特長

洋菓子の特長とは?

お菓子

お菓子とは?をテーマとしてお菓子について、甘くておいしい話を繰り広げます。

トップ >  お菓子 >