八宅風水とは?

八宅風水とは、八宅明鏡を原本とした風水のことで、
家や建物の向きによって、八種類の宅盤を用いることが名前の由来です。

現代人はマンション住まいの方も多くなってきていますが、
八宅風水は現代でも有効で使いやすい「家相術」という評価を受けています。

八宅風水では、方位360度を45度ずつ八方位に区切り、
玄関の向きによって宅盤を決定していきます。

そして、宅盤により自分の家のタイプがわかったら、
それぞれの方位にどのような星が回っているかを確認します。

星は8つ
・生気
・天医
・延年
・伏位
・絶命
・五鬼
・六殺
・禍害
あり、吉凶を確認して吉方位を家や建物に取り入れていきましょう。

スポンサード リンク

 

 

【風水】の記事一覧

風水

風水とは?

インテリア風水

インテリア風水のタブー

風水の家相

風水と家相の違い

色風水とは?

色風水の効能

方位学とは?

方位学のルール

風水と鏡

風水鏡

黒門風水

黒門風水とは?

風水で金運アップ

インテリア風水で金運アップ

八宅風水

八宅風水とは?

パワーストーンとは?

風水とパワーストーン

風水

風水とは?をテーマとして風水について、わかりやすく解説しています。

トップ >  風水 >