ビールのおいしい飲み方

たくさんあるお酒の中でも、ビールの特徴と言えば、
やはり泡だろう。ビールは泡が命とも言われる。

キンキンに冷やしたグラスを立てておき、
適度に冷やしたビールを注ぎ始めはゆっくりで、
少したまったら徐々に早くして勢いをつけて注ぎ、
最後は泡の量の加減をしながら、泡を持ち上げるように
ゆっくりと注ぐときめ細かい泡の乗った美味しいビールが入れられる。

よく、ビールの泡が立たないようにとコップを
45度くらいに傾ける人も多いようだが、
すぐに一気に飲み干すようであれば構わないが、
料理と一緒にじっくりと味わい楽しむようであれば、泡は大事である。

ビールは泡が命であるため、ビールを注いだら、泡が消えないうちに
飲みきったほうが良いであろう。

国内国外、いろいろな地ビールがあるが、ビールが美味しく飲める温度というのは、
国などによって異なり、ドイツビールは室温よりやや低めが良いとされ、
中には熱燗にできるタイプのホットビールなどもある。

日本のビールは、季節によっても温度は違っており、
冬場は10度、夏場は5度が最適温度で美味しいビールと言われているようだ。

ちなみに、日本のビールはホットには不向きであり、
たとえ、缶ビールを熱燗にかけたとしても、あまり美味しくないようだ。
あまりオススメはしないが、もし熱燗を試すのであれば、
缶の口は必ず開けてから、熱燗にかけてください。
でないと、大変危険なことになってしまうだろう。

日本の冬で、熱燗を楽しむのであれば、
やはり日本酒や焼酎のほうがおいしいと思う。

スポンサード リンク

 

 

【酒】の記事一覧

焼酎とは?

焼酎のおいしい飲み方

日本酒とは?

日本酒のおいしい呑み方

ビールとは?

ビールのおいしい飲み方

ウィスキーとは?

ウィスキーのおいしい飲み方

酒とは?をテーマとして、焼酎、日本酒、ビールのおいしい飲み方などを紹介します。

トップ >   >