ビールとは?

ビールとは漢字で書くと麦酒と書き表します。
読んで字の如く麦を発酵させて作った醸造酒のことです。

ビールの生まれは、かなり昔で、紀元前の歴史的資料からも
当時の人々に愛飲されていたことが伺えるものあります。

ビールは酒税法という法律によって、ビールの原材料における麦芽の
使用比率などが決められていて、麦芽のほかに含まれる副材料の
比率が高くなると、発泡酒に分類されます。
発泡酒は酒税の課税率に比例して、価格がビールより安くなっています。

酒税法では2006年の時点で、
酒税は、350mlあたりビールは78円、発泡酒は47円と
かなりの差が見られます。

さらに、副材料を工夫して酒税対策として施した
第3のビール(その他の醸造酒)は24円程度のようです。

毎日飲む人にとっては、この数十円の差はかなり大きいです。

では、ビールと言われているものがホンモノで、発泡酒はニセモノなのでしょうか?
ビールは古くから、いろいろな材料で作られてきたので、
発泡酒もビールと言えますし、各国の酒税法によって定められたビールの基準は、
発酵させる原料など、それぞれ異なります。

酒税法で決められた名称の違いであれ、どちらもビールと言っても
差し支えないように思います。

スポンサード リンク

 

 

【酒】の記事一覧

焼酎とは?

焼酎のおいしい飲み方

日本酒とは?

日本酒のおいしい呑み方

ビールとは?

ビールのおいしい飲み方

ウィスキーとは?

ウィスキーのおいしい飲み方

酒とは?をテーマとして、焼酎、日本酒、ビールのおいしい飲み方などを紹介します。

トップ >   >