日本酒のおいしい呑み方

日本酒をおいしく呑むためには、まず基本は日本酒選びから入ります。

日本酒は原材料が米なので、やはりお米の産地である新潟のほか、
東北地方で作られた日本酒は良しとされ、
さらに、日本酒は糖度の高いものがおいしいと言われております。

お店で飲むときは、日本酒の値段が高いものを選ぶと
やはり美味しい日本酒に出会えることが多いです。

次に、日本酒を選びましたら、つまみとなる肴を選びましょう。
たいていお酒は、原産地の特産物やその地域で取れるもの、
季節ごとの旬の野菜、魚などとはとても相性が良いものです。
よって和食料理や、日本の旬のものは、日本酒によく合うのです。

日本酒を選び購入しましたら、すぐに飲むのがいいと思います。
数ヶ月以内に飲むのが一番おいしいと言われています。
すぐに飲まない場合は、冷暗所か冷蔵庫に保存するとよいでしょう。

日本酒のおいしい飲み方としては、栓を開けたら、2~3時間のうちが
もっとも風味を味わえます。
そしてさらにじっくり味を楽しむには、
一般的に冷やして飲む冷酒が良いとのことです。
熱燗にする場合は、温度を40度程度にしますが、
熱してしまうと、本来の日本酒の風味が変わってしまうと言われています。

スポンサード リンク

 

 

【酒】の記事一覧

焼酎とは?

焼酎のおいしい飲み方

日本酒とは?

日本酒のおいしい呑み方

ビールとは?

ビールのおいしい飲み方

ウィスキーとは?

ウィスキーのおいしい飲み方

酒とは?をテーマとして、焼酎、日本酒、ビールのおいしい飲み方などを紹介します。

トップ >   >