焼酎とは?

酒は製法の違いによって、三つに大別される。
1.醸造酒
2.蒸留酒
3.混成酒
以上の三つである。

醸造酒とは、古来より最も良く飲まれていたお酒で、
原料の成分は穀類か糖質の2つのタイプでこれらの発酵作用によって
出来た酒のことである。
主に、ビール・ワイン・日本酒などが挙げられる。

混成酒とは、醸造酒や蒸留酒を原料にして、香味や果実等を
配合した酒のことである。
主に、梅酒やリキュールなどである。

さて、焼酎とは、蒸留酒にあたる。
蒸留酒とは原料を発酵させて蒸留したものだ。
焼酎は、比較的新しい製法である蒸留という手法で作られたお酒であり、
醸造酒をさらに加熱・蒸留したもののことを言う。
醸造酒よりもアルコール度は高く、原材料のエキスは含まないものである。

焼酎は、さらにタイプが分かれ、
蒸留を繰り返して不純物を取り除いたホワイトリカーと、
一度蒸留して原料の風味を生かした本格焼酎とがある。
ホワイトリカーは、何度も蒸留して作るので、
匂いやクセがほとんどないので、果実酒をつけたり、チューハイとして
ジュース割などで楽しむお酒である。
一方、本格焼酎は、原材料の名前をとって、イモ焼酎、麦焼酎などと呼ばれる。
今、焼酎ブームと言われ、イモ麦のほかに、
シソや牛乳の焼酎なども作られているようだ。

焼酎は主に日本南方で作られたものほど旨みがあるとされ、
一般に、イモ焼酎は少しクセがあるけど、甘み味わいがあり、
麦焼酎は比較的飲み易いと言われている。

スポンサード リンク

 

 

【酒】の記事一覧

焼酎とは?

焼酎のおいしい飲み方

日本酒とは?

日本酒のおいしい呑み方

ビールとは?

ビールのおいしい飲み方

ウィスキーとは?

ウィスキーのおいしい飲み方

酒とは?をテーマとして、焼酎、日本酒、ビールのおいしい飲み方などを紹介します。

トップ >   >