コーヒーメーカーとは?

コーヒーメーカとは、コーヒー粉と水をセットしておけば、
自動的にポットにコーヒーが出来上がるという大変便利な機械だ。

美味しいコーヒーにこだわればこだわるほど、機能性に富んだコーヒーメーカを
手に入れたくなり、機能性に富んでいる分、機械のお値段も高くなる。
コーヒーも嗜好品とされており、さらにそれを自動的に作る機械にさえも
お金をかけるとは何とも贅沢だ。

安価で手に入りやすいコーヒーメーカーは、自動でお湯を沸かして、
セットされたドリップに向けてぽたぽたと注ぐタイプのものだ。
家電量販店に行けば、1000円するかしないかくらいで買えてしまう。

さて、肝心な味はどうだろうか?

そもそも、美味しいコーヒーの入れ方として、コーヒー粉にお湯を注いでから
蒸らしの時間として1分程度置いておく。
なぜなら、コーヒー粉は、新鮮なものほど炭酸ガスを多く含んでいて、
この蒸らしによって粉全体にお湯が行き渡り、うまみの成分が溶け出してくるからである。

さて、この蒸らし機能がコーヒーメーカーについていないと、
美味しくないコーヒーができてしまう。
コーヒーメーカーで作られたコーヒーはまずいといわれる所以はどうやらここにあるようだ。

たとえ、安く蒸らし機能がついていないコーヒーメーカーでも、
お湯が注がれたらすぐに、一旦スイッチを止めて、1分程経ってから、
再度スイッチを入れ、お湯を注げば、蒸らしたことと同じになる。

しかし、お湯がぽたぽた注がれているうちに
最後の方に抽出されるコーヒーは渋みとえぐみが強くなってしまうので、
もしコーヒーメーカーを利用するのであれば、水を人数分の半分くらいでセットする。
この場合、かなり濃度の高いコーヒーとなるが、それにお湯をいれて、
割った方がおいしいこともあるようだ。

スポンサード リンク

 

 

【コーヒー】の記事一覧

コーヒーの入れ方いろいろ

美味しいコーヒーの入れ方

コーヒー豆と香り

コーヒー豆からコーヒーへ

コーヒーメーカーとは?

高機能なコーヒーメーカー

コーヒー

コーヒーとは?をテーマとして、美味しいコーヒーの入れ方などを紹介します。

トップ >  コーヒー >