コーヒー豆からコーヒーへ

コーヒー豆は、世界各国の栽培された原産地より、
収穫後日本へ船舶などで輸入されてきます。

有機栽培(オーガニックとも言う)の認定を受けるようなコーヒー豆
とても品質が良いとされます。

それもそのはず農薬を一切使用しないため、虫がつきやすいが、
それらを防ぐために輸送は冬に行ったりと、とても大事に運ばれ手間ひまが
掛けられているのです。

通常のコーヒー豆は、ホストハーベストという処理を行われます。
これは、豆に農薬をまぶすことであり、輸送前に行われます。
輸送後は、殺虫剤をまいているようです。
こう考えるといかに有機栽培のものが良いかが一目瞭然です。

つぎに、コーヒー豆の鮮度は、収穫後1年以内が鮮度が高いとされています。
コーヒー豆からコーヒーになるまでには、様々な行程があります。
輸入されたコーヒ豆がお店に届き、
お店の人がお客さんに出す分だけのコーヒー豆を焼く。
そして、焼いてから3・4日置いてから、
飲む直前に必要な分だけミルでコーヒー豆を挽く。
以上が、コーヒー豆からコーヒーになるまでのプロセスです。

ちなみに、美味しいコーヒーは、豆を焼いてから3・4日後が最適だそうです。
もし、コーヒー豆を焼く時点から自分で行いたいのであれば、
豆の保存方法として、豆は密閉された容器に入れ、冷蔵庫で保存してください。

スポンサード リンク

 

 

【コーヒー】の記事一覧

コーヒーの入れ方いろいろ

美味しいコーヒーの入れ方

コーヒー豆と香り

コーヒー豆からコーヒーへ

コーヒーメーカーとは?

高機能なコーヒーメーカー

コーヒー

コーヒーとは?をテーマとして、美味しいコーヒーの入れ方などを紹介します。

トップ >  コーヒー >