コーヒー豆と香り

コーヒー生豆は、ブラジルを始めとする世界の各地で生産されています。

やはり、コーヒー豆も農産物なので、基本的には農薬が使用されています。
無農薬ですと、害虫等がつきやすかったり、雑草などに養分が奪われ
上手く育たなかったりします。なので、無農薬では、手間もかかります。

無農薬のものは、有機栽培といわれていて、
通常より高く市場に出回っているのです。

コーヒー豆は原産地や種類、収穫時期や保存方法などにより、
少しずつ味や香りに違いが出てきます。
さらに有機栽培かどうかでも違ってくるのようなので、
表示等で確認して、安心できるコーヒー豆を選び、
いろいろな味と香りをぜひ試してみてください。

コーヒーの味の良し悪しは、おおよそ8割コーヒー生豆で決まると言われています。
美味しいコーヒーすなわち、質の良いコーヒー生豆を見極めるには
相当な知識と長い経験が必要とされます。

さらにコーヒー豆は、豆に合った煎り方の深さや、煎った後飲むまでの期間
どれくらい置いておくかでも、味や香りは変化するようです。

一般的に、美味しいコーヒーと言われるものは、
コーヒー豆を煎った後、3・4日置いて、その都度飲む分量ずつ
ミルで挽いたものが良いとされています。

スポンサード リンク

 

 

【コーヒー】の記事一覧

コーヒーの入れ方いろいろ

美味しいコーヒーの入れ方

コーヒー豆と香り

コーヒー豆からコーヒーへ

コーヒーメーカーとは?

高機能なコーヒーメーカー

コーヒー

コーヒーとは?をテーマとして、美味しいコーヒーの入れ方などを紹介します。

トップ >  コーヒー >