美味しいコーヒーの入れ方

美味しいコーヒーといえば、味もそうですが、
やはり香りの高さではないでしょうか?

美味しいコーヒーの入れ方を簡単ではありますが、
紹介させていただきます。

まず、コーヒー豆から買います。
やはりコーヒーは飲む直前に挽いたほうがいいのです。
挽く際、目安として、粉の粗さはザラメ糖より少し細かい程度まで挽いてください。

ドリッパーとコーヒーフィルターを用意します。
フィルターがお湯を注いだ際、ドリッパーにしっかり密着できるような
大きさの合ったものを選びましょう。
フィルターに挽いたコーヒーの粉を平らに入れます。

次に水です。普段の飲んでいるお水で全然構いません。
お水を沸かして、数分くらい沸騰させます。
ちなみに、深焙りのコーヒー粉ほど、温度は少し低めにしたほうがいいです。

沸騰させたお湯をフィルターに注ぎます。
ドリッパーに準備したコーヒー粉にお湯が滴る程度入れて
1分程そのままにして少し蒸らします。
蒸らしたコーヒー粉に、中心から外側へとお湯をあふれない程度に
注ぎながらコーヒーを淹れます。

以上が、美味しいコーヒーの入れ方です。

もしたくさん抽出するときは、注いだお湯が減り、コーヒー粉に
くぼみが出来てきたら、追加でお湯を注いでください。

スポンサード リンク

 

 

【コーヒー】の記事一覧

コーヒーの入れ方いろいろ

美味しいコーヒーの入れ方

コーヒー豆と香り

コーヒー豆からコーヒーへ

コーヒーメーカーとは?

高機能なコーヒーメーカー

コーヒー

コーヒーとは?をテーマとして、美味しいコーヒーの入れ方などを紹介します。

トップ >  コーヒー >