美味しいお茶の入れ方のコツ

茶を飲むからには、やはり茶の持ち味をを十分に引き出して
美味しく飲みたいものです。

そのためにも、美味しいお茶の入れ方をマスターしなくてはなりません。
美味しいお茶の入れ方のコツというかポイントは、ずばりお湯の温度です。

お茶の種類によって適温は異なりますが、
煎茶の場合は、80度から90度とされ、
高級茶の場合は、通常よりも低めで、70度くらいの低温でお茶を入れると
美味しいお茶になるそうです。

ポットから急須に直接お湯をいれてしまうと、熱すぎるため、
まずは、先に人数分用意した湯飲みへお湯を8分目くらいまで入れます。

そして、先ほど述べたそれぞれのお茶に適したお湯の温度まで
冷ましていきます。

次にこれらの行程を行ってから、やっとお茶の葉を入れた急須に
先ほどのお湯を入れて、1・2分ほど待ち、煮出しをします。

このとき早くお茶の葉をお湯に浸透させたいからと言って、
急須を揺すってしまうと、苦味が出てしまうので気をつけて下さい。

煮出し終わったら、お茶の濃さと量が均等になるように
人数分の湯飲みに、いきつもどりつ注ぎます。

美味しいお茶の入れ方のコツをつかみ、
お茶の本来持っている味を引き出し、美味しく召し上がりください。

スポンサード リンク

 

 

【茶】の記事一覧

健康茶とは?

健康茶ブーム

お茶の種類

3つのお茶の種類

茶道とは?

茶道について

美味しいお茶の入れ方

美味しいお茶の入れ方のコツ

お茶の効果

お茶のデトックス効果

茶とは?をテーマとして、いろいろなお茶の種類を紹介します。

トップ >   >