美味しいお茶の入れ方

茶を美味しく飲みたいと思っている方々へ、
おすすめの美味しいお茶の入れ方をご紹介したいと思います。

まず美味しいお茶の入れ方の基本として、水選びから始まります。
茶を入れる水としては、ミネラル・ウォーターを使うのが
一番良いです。ミネラルウォーターでも特に軟水が良いとされています。

ミネラル・ウォーターが無い場合でも大丈夫です。
水道水でも美味しいお茶を入れられます。

水道水を使う場合は、浄水器にて、ろ過した水を沸騰させて
カルキを抜いておきます。

次に、ポットと人数分の湯飲みを用意します。
美味しいお茶の入れ方のキーワードは、お湯の温度にあると言えます。

茶を入れる前に、熱湯を直接急須に注いでしまうのではなく、
まずは一旦、用意しておいた人数分の湯飲みにお湯を8分目くらい
注いで、80度前後にまでお湯をさまします。

そして、お茶の葉を入れた急須に冷ましたお湯を入れて
1~2分程度煮出しをしたら、再度湯飲みに注ぎます。
その際、茶の濃さがどの湯飲みも均等に行き渡るように、
少しずつ注いでいきます。

一般的に高級な茶葉ほど、低温で入れると美味しいとされています。
だから、一旦湯飲みに熱湯を入れ、ある程度お湯を冷ますのです。
さらに、それと同時に湯飲みを温めるという効果もあります。

美味しいお茶の入れ方をマスターし、お茶の持ち味を引き出し、
十分に味わっていただきましょう。

スポンサード リンク

 

 

【茶】の記事一覧

健康茶とは?

健康茶ブーム

お茶の種類

3つのお茶の種類

茶道とは?

茶道について

美味しいお茶の入れ方

美味しいお茶の入れ方のコツ

お茶の効果

お茶のデトックス効果

茶とは?をテーマとして、いろいろなお茶の種類を紹介します。

トップ >   >